調べ方について|尿漏れの症状を緩和させるためにも知識をつけておこう
レディ

尿漏れの症状を緩和させるためにも知識をつけておこう

調べ方について

カウンセリング

最近では、梅毒を発症してしまう方が多くなってきています。だからこそ、梅毒の検査を病院でしっかりしてもらいましょう。そうすることで、自分の体もパートナーの体も守ることができます。そこで病院での検査方法について確認していきましょう。梅毒は感染してから症状を発症するまでの間に潜伏期間があります。ですので、この病気に感染した疑いがある場合には、症状を発見するためにも性行為から4週間経過してから病院に行きましょう。その前に病院で検査を受けてしまうと、症状がわからずに保険が利かなくなってしまう場合があるので気をつけてください。症状が現れない場合には、また4週間後に病院で検査を受けないといけないのでお金がかかってしまいます。コストを抑えるためにも症状を発見しやすい期間に検査を受けてください。病院の検査で梅毒の診断が出た場合には、長期間に渡って抗生物質を投与しないといけません。しかし、抗生物質を決められた期間飲み続けないと症状を改善することができません。抗生物質を飲み始めてから、症状が緩和されたとしても決められた期間は薬を飲み続けてください。なぜかというと、途中で抗生物質を飲まなくなると体に抗体ができてしまうので、抗生物質が効かなくなってしまうからです。病院で梅毒の検査を受ける際には、一人ではなく絶対にパートナーと一緒に検査を受けてください。一人だけ治療をしても、また感染してしまう可能性があるので気をつけましょう。