手術の流れ|尿漏れの症状を緩和させるためにも知識をつけておこう
レディ

尿漏れの症状を緩和させるためにも知識をつけておこう

手術の流れ

ウーマン

尿漏れで悩んでいる方は、病院でのちゃんとした治療が必要になります。病院では手術をしなくても症状を緩和させることもできますが、万が一症状が悪化して手術をするとなった時のためにも事前に尿漏れ手術の流れを把握しておきましょう。人によって尿漏れの症状は異なりますが、早く症状を治す方法としては病院で手術をおこなうのがよいです。尿漏れの手術では、尿道を吊り上げることで症状をなくすことができます。手術では最初に麻酔をかけてから行います。ですので、手術中は痛みを感じることはないので安心してください。次に、膣壁を切開して、そこから尿道をひっぱり上げる手術を行います。手術時間はだいたい30分程度で完了するので、体に負担をかけることがありません。尿漏れの手術後でも、傷の痛みはほとんどないので排尿する時でもいつものように排尿することができます。しかし、まれに排尿する際に出血が見られる場合があるので、異常を感じた場合にはすぐに医師に相談してください。手術後の排尿で問題がなければ、数日の入院の後に退院することができます。その時の入院期間としては2日から3日程度となります。しかし、体の回復次第になるので手術後に医師に確認をしておくと安心です。この尿漏れの手術方法は、従来の手術方法と比べて尿漏れの再発が少ないことから多くの方が満足しています。また、痛みもほとんどないため楽に手術を受けることができるので、尿漏れの症状を早く改善したい方にはおすすめしたい手術方法になります。